TOP > 小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは

小児歯科では、お子さまの歯を健康で美しく育てることを目指し、成長に合わせたむし歯の予防や治療、また歯並びや噛み合わせの治療などを行っています。
早い時期からしっかりとケアを行うことが重要になりますが、当院ではお子さまが自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちも育てていきたいと思っています。
最初は大泣きしてしまっても、歯科医師やスタッフに慣れてくれば、ほとんどのお子さまが落ち着いて治療できるようになってくれます 診療室に慣れる練習も並行して行いますので、諦めずゆっくり少しずつ進めていきましょう。

子どものむし歯治療について

子どものむし歯治療について

子どものむし歯は、将来に大きく影響します。
食べ物を良く噛むことができないため、身体への影響はもちろんのこと、あごの発育不全などの原因にもなります。また、ひどくなった乳歯のむし歯を放置していると、下の大人の歯の根に悪影響を及ぼしたり、きちんと決められた場所に大人の歯が生えて来ず、歯並びが悪くなったりします。

そのため、むし歯の予防、早期発見、早期治療はとても大切。初期のむし歯であれば、削らずにフッ素塗布で歯の表面を強くすることで治すこともできます。
とはいえ、乳歯のエナメル質は柔らくて大人の半分の薄さしかなく、また、大人のように黒いむし歯ではなく白いむし歯が多いため気づきにくく、進行を早めてしまいがちです。
お子さまのお口の中の変化に気づいたら、どうぞどんなことでもお気軽にご相談ください。

むし歯の予防方法について

むし歯リスク検査

「むし歯のなりやすさの検査」です。歯を守る力、むし歯の量、食事の習慣などの観点から、お子さまのむし歯のなりやすさを分析し、今後どのように予防に取り組むべきかを考えていきます。
詳しくはこちら

歯磨き指導

歯磨き方法のお話しをさせていただいた後、カラーテスター(歯垢染色剤)で磨き残しをチェック。
歯磨き(特にデンタルフロスの使い方)の練習を行います。

食事やおやつの摂り方のお話

食事やおやつの摂り方のお話

小さなお子さまは消化機能が未熟なため、一度にたくさん食べることができません。そのためおやつは3度の食事を補うものであり、お子さまにとっても楽しみの1つです。
食べ方のポイントをおさえれば、むし歯になりにくい丈夫な歯を作ることができます。そのポイントをお教えいたします。

フッ素塗布

乳歯や生えたての永久歯は、歯の質が弱くむし歯になるリスクが高いため、フッ素を塗布することでむし歯菌が出す「酸」に負けない強く丈夫な歯を作ります。
フッ素は、土の中で育つ野菜や果物、海中にいる魚介類や海藻類、そして人間の体の中では骨や歯に含まれていますが、むし歯を予防する場合、食事から摂取するフッ素だけでは不充分なため、フッ素塗布で補うことが有効とされています。

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯には深い溝があるため、磨き残しが多い場所でもあります。
溝をきれいに清掃して薄いプラスチックでコーティングし、むし歯菌が溝に入り込まないようにすることで歯を守ります。

進行止めの塗布

乳歯の初期むし歯に塗布すると、永久歯が生えてくるまで一時的に、むし歯の進行を抑える効果があります。
ただし、治療薬ではありませんので塗っただけでむし歯が治ることはありませんし、歯のお手入れが悪いとむし歯が進行することもあります。
また、薬効によりむし歯の部分が黒くなります。

診察室に慣れる練習も並行して行います

診察室に慣れる練習も並行して行います

お子さまは、器械が触れる音やツーンとする嫌な臭いを嗅いだだけで治療を怖がってしまいます。
そんなお子さまに不安や恐怖心を与えないよう、色々な器具に触ったり歯科医師や歯科衛生士とコミュニケーションを取りながら、少しずつ慣れていただきます。

ミネラルペーストの塗布【医院にて】

ミネラルペーストには歯に大切なミネラル(リンやカルシウム)が含まれており、就寝前や歯磨きの後に歯面に塗布していただくとむし歯予防に効果的です。

ご案内

このほかにも、歯石除去、歯のくるくるおそうじ(PMTC)、トリートメントケアなども行っております。
詳しくはこちら

子どもの矯正治療についてはこちらをご覧ください。

〒491-0201 一宮市奥町貴船東104-5

ご予約・お問い合わせはこちらまで

0586-62-9188

診療時間
午前:8時~12時 午後:15時~20時
受付時間
午前:7時30分~11時40分 午後:14時30分~19時40分
休診日
日曜日、祝日午後、年末年始
祝日
午前
午後

名鉄尾西線奥町駅から、北へ徒歩5分

ページのトップへ